サターンパッド

こんにちは。爆裂トラトラ団で音楽つくって無いほうの、わっしょい田中です。

昨日、ちょっと不調だった愛用のサターンパッドのスイッチを交換しました。

一年程前に自分用のコンピュータを新しくしたときから、USBサタパ を使っているのですが
LRボタンの感触が微妙なので、純正のと取り替えて使っていました。

が、僕のくっつけ方が甘かったのか、純粋にスイッチにガタが来たのか、
最近、ボタンを押しっぱなしにしてるつもりが途中で離れてしまう現象が。

最初は操作ミスだと思ってましたが、どうも違うようで。星蓮船で酷使しすぎたのか…

というわけでサクっと交換しました。

100円で仕入れてある中古のサタパが既にあるので部品はいっぱいあるぞ!

satapa01
まずはバラしていきます。 部品を無くさないようにね!

satapa02
この部品を取り外します。ハンダをきれいにとろう。

image001
最後にくっつけてー

satapa04
組み立てておしまい。

サタパはいいものですが、新品が普流通してないのが辛いですね。

僕はセガサターンは普通にうちにあったので、
最初はDPPケーブル買うだけでよかったので非常に簡単でした。

ですがこうやってハンダ使って、ってなるとやはりめんどくさいのかな、とも思います。
人に勧められる良いコントローラですが、入手性などから躊躇います。中古は抵抗ありますよね。

でもね!コントローラ買おうと検討してる方!家電屋で適当なUSBパッド買うのだけはやめよう…
この先々も変わらず、長く使っていけるものがいいと思うのですよ。

あ、あと余談ですが。

satapa05

サタパの十字の下のゴム。ゴムなのでいつか劣化してしまうわけでそれが不安。

で、この部品がとても重要でして、十字の押し心地に直結します。

実は僕は、これにちょっと穴を開けたりして細工してます。
そうするとちょっと軽いタッチになって長時間プレイしやすいんですよね。

でも開け過ぎると操作精度に難が出るのでバランスが難しい。

この小細工は正直オススメしませんが、少し重いと思ってる方いたら、
余った部品があれば、試してみると面白いと思います。

 

あ、最後に、書き忘れる所でしたが、僕の東方でのボタン配置は
ショットがR、低速がA、ボムがB(花映塚はL)です。

ショットは基本押しっぱなしなので適当なRでいいや、って感じです。

本当は親指で押せるボタンがいいのですが、やはり親指は低速ボタンに集中したいので。

割りと変な配置にしてます。花映塚も意外とやりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です